@ 各ページの写真が反映されない場合(固まった時)は、【F5】キーを、プッシュしてみて下さい。
2016年4月2日           龍野城へ・ジャンプ
平成28年・桜漫歩
大和郡山散策
0
@近鉄郡山駅 Aキリシタン殉教碑 B大納言塚 C荒木又右エ門屋敷跡 D永 慶 寺
E鰻 堀 池 F馬場先門跡 G郡山城跡 H枝垂れ桜遠望 I郡山八幡宮
J源九郎稲荷 K川 本 邸 L紺屋町 M春岳院 N杉山小児院
O火の見櫓 P中 村 邸 Q外堀緑地 R薬園八幡神社 SJR郡山駅





大和郡山城
郡山城は、天正8年(1580)に筒井順慶が築城。その後、豊臣秀吉の弟である豊臣秀長が入城し、
政治的、経済的に大きな意義をもつようになり、百万石の領主にふさわしい城郭を構築するとともに、
箱本十三町といわれる新しい自治制度を始めました。












城跡には柳澤神社
豊臣秀長の没後は、水野勝成や松平忠明、本多正勝など領主が目まぐるしく変わりましたが、
郡山繁栄の立役者として活躍したのは柳沢吉保の長男の柳沢吉里です。











次ページへ