2014年12月11日
第H回
大阪・三宮中国道〜播但道(朝来IC)神子畑選鉱所
ヨーデルの森(昼食)ピノキオ館福本藩陣屋跡

姫路の飾磨津と、朝来の生野銀山を結ぶ銀の馬車道の
ゴール(スタート?)から、半径18km内に.アト二つの鉱山、
明延鉱山と神子畑選鉱所があります。
これらの三ツの鉱山のエリアは.平成16年に「鉱石の道」
と命名され、平成19年には経済産業省の近代化産業遺
産群に認定されました。
生野銀山は6回目に、明延鉱山は7回目に訪れましたが
8回目に予定されていた神子畑選鉱所が、交通停滞で
延期になり、9回目の今回になってしまったのです。
生憎の雨ですが







ムーセ旧居(旧神子畑鉱山事務舎)
生野鉱山開発に貢献したフランス人技師・ムーセの元住居。
明治20年、神子畑に移築され、事務舎として利用されました。
現在は「ムーセハウス写真館」として、公開されています。


神子畑鋳鉄橋
神子畑鉱山で採鉱された鉱石を、生野の精錬所へ運ぶために
作られた「鉱石の道」です。
この時に架けられた5本の鋳鉄橋のひとつで、国の重要文化財
に指定されています。
明治18年の架設で、日本最古の鋳鉄橋であり、鉄橋としても
日本で3番目の古さを誇ります。



ページを改めますお進み下さい




"銀の馬車道"目次へ



"コスモトラベル” 目次へ