古城散策
(高山城跡)・(余野城跡)・(止々呂美城)・(交野城跡)


"高山城"と名乗る城は、日本各地に数ヵ所あります。
(飛騨国)・岐阜県高山市の高山城(城主・金森氏 )
(安芸国)・広島県三原市の高山城(城主・小早川 )
(上野国)・群馬県藤岡市の高山城
(大和国)・奈良県生駒市高山の高山城
(越中国)・富山県富山市の高山城
(美濃国)・岐阜県土岐市の高山城
(備前国)・岡山県岡山市の高山城
(大隅国)・鹿児島県肝属郡肝付町の高山城
要するに、付近のの上にを築いたと、云う事でしょうネ


我々が目指すのは"高山右近"の
摂津・高山城跡



予期していた事ですが、"らしきもの"なにもありません。


高山右近は、この地・高山に生まれましたが、

1573年、家督を 譲られて高槻城主となります。
1573年、村重の謀反阻止に失敗し、信長の配下に入る。
1582年、光秀討伐の先陣を取り、能勢領3千石を受ける。
1585年、秀吉の信任厚く、明石に移封(6万石)、船上城を築城。
1587年、秀吉の棄教を拒否。領地没収され追放。前田利家に招かれる。
1600年、関ヶ原の戦いで東軍の前田利長に付く。
1609年、高岡城を築城。
1614年(慶長19年)、徳川家康によるキリシタン国外追放令を受けて、
     マニラに渡り、翌年の1615年2月4日、マニラで死去。(享年64)


熊やイノシシも年々賢くナって、なかなか罠にかゝらないみたいです。


高山には立派な棚田(千枚田)がありますが、
ご多分にもれず過疎化で、整備する人が居ないらしい。





ページを改めますお進み下さい
次は"余野城"