@  2014年5月27日



JR山科駅=京阪バス=大石神社バス停内蔵助閑居跡岩屋寺
大石神社稲荷山トンネル・山科口新大石道国道一号線
花山洞清水寺産寧坂二年坂八坂神社一力茶屋四条河原町駅=



忠臣蔵でお馴染みの.大石内蔵助が、山科に住んでいた時期に、吉良家や上杉家の
目を欺くために、日夜.遊蕩に ふけったというのは有名なお話です。-
何処へ-
.お芝居の・七段目では、京都・祇園のとなっています。0
又、別に0
京都市道185号線(大石道)を南下し、勧修寺から名神高速添いの35号線(大津淀線)-
で約7km、近鉄伏見駅近くの”橦木町遊郭”だったという説が.あります・・・、

そもそも、赤穂藩事件は元禄14年(1701年)の事で、仮名手本忠臣蔵が上演されたのは、
47年後の寛延1年(1748年)…芝居の演出上、花街一の祇園が、好まれた為でしょう。

よくよく考えれば・・・山科から京の街へ出るには東山を越えねばなりません。現代の
車でなら、稲荷山トンネルか、国道1号線の東山トンネルを抜ければ、簡単な事ですが、
当時としては、伏見の”橦木町遊郭”の方が、峠が無く、簡単で本筋だったでしょうネ。


・・・が、芝居好きのわたくしは、"橦木町遊郭"は他日に譲って、
大石道で を目指してみる事にしました。



大阪駅から山科へは東海道本線の快速で約30分。JRの山科駅から
内蔵助閑居の地までは約5km、歩いても1時間もあれば十分ですが、
本日は、京阪山科駅の前から京阪バスで・・・
バス停『大石神社』の真ん前の道案内に従えば、岩屋寺の参道半ば
に閑居跡があります。

昨年、12月14日からの続きなので、岩屋寺〜大石寺の詳細は、ココ






稲荷山トンネルを横目に…(トンネルは車専用で、人道はナシです。)
先ずは、国道1号線を目指して新大石道を北上します。




ページを改めますお進み下さい