@ 2013年8月15〜17日
山鹿灯籠へ JUMP・・・   0
1日目(8/15)
新大阪07:12発のぞみ95小倉09:23着==宇佐八幡宮=豊後高田(昭和の町)昼食
伊美港15:55発〜姫島16:15着…姫島きつね踊り…姫島港21:30=別府の宿23:50着(泊)
2日目(8/16)
別府の宿10:00発=菊池渓谷散策=山鹿灯籠まつり=熊本駅前の宿23:50着(泊)
3日目(8/17)
熊本駅前の宿09:30発=阿蘇・草千里=高千穂峽=博多駅18:34発新大阪21:08着

大分県の国東から、熊本〜宮崎…と、盛り沢山のツァーです。
姫島のきつね踊りと、山鹿灯籠がお目当ての参加でしたが、
各宿入りが真夜中で、体力勝負の3日間で御座いました。


宇佐八幡宮
過去に何度も訪れている処なので、いまさら語る事もないのですが、
参道の両側にあるハス池が綺麗でした。
宇佐神宮(宇佐八幡宮)は725年の創建と伝えられる豊前一宮で、全国4万余りある八幡様の総社に当たり、
伊勢神宮に次いで朝廷の崇敬を受けた屈指の名社です。


豊後高田・昭和の町
ココも以前に・・・3度目かナ・・・丁度.昼食の時間となりました。
江戸時代から明治、大正、昭和の30年代にかけて、豊後高田の中心商店街は国東半島一の
賑やかな"お町"として栄えていました。
豊後高田「昭和の町」は、この商店街が最後に元気だった時代、昭和30年代の賑わいをもう一度
よみがえらせようという願いをこめて、平成13年に着手した町づくりです。


懐かしの車は、以前より幾分.台数が増していたようです。




ページを改めますお進み下さい