0                                               2012年8月1日〜
信越の五大秘境を行く

.
 (1日目)大阪梅田7:30発=名神高速=中央道=長野自動車道=豊科IC=大町=七倉14:30着
     七倉でタクシーに乗り換えて…@高瀬ダム・高瀬渓谷=栂池高原・ホテル サニーバレー泊

 (2日目)ホテル7:45発=A白池ウォーク=B不動滝=Cヒスイ峡=D高波池=糸魚川IC・14:50
      北陸自動車道=(尼御前SA)=名神高速=(多賀SA)=大阪梅田20:40着
大阪を7:30出発で約時間、バス一泊の旅としては、ギリギリの遠地でしようか…
信越の五大秘境
@ 高瀬ダム 長野県大町市平高瀬入
A 白池 糸魚川市 大字大久保
B 不動滝 糸魚川市 大字大谷内
C ヒスイ峡 糸魚川市 大字小滝
D 高浪の池 糸魚川市 大字小滝


 先ずは・・・長野自動車道を豊科ICで降りて、大町から高瀬川を遡ります。

高瀬川は、長野県西部、北アルプスの槍ヶ岳北側に発して北流し、やがて東方に向きを変え、
大町市からは南流し、松本盆地の安曇野市明科で犀川に合流する延長約45キロメートル川
で、上流部は槍ヶ岳と東部の常念山脈の間を高瀬渓谷となって流れています。

高瀬川は、上流から高瀬ダム、七倉ダム、大町ダムと3ッのダムが続いており、上流の2ッの
ダムは、自然の石積みのロックフィルダムとなっています。目指すは「高瀬ダム」です。

ロックフィルダムは、土や岩石を材料として盛り立てて造られるダムで、水漏れを防ぐために
ダム中央部にコアと呼ばれる水を通さない粘土質の材料を盛り立てます。ロックフィルダムの
底面積は広く重さが分散されて地盤に伝わるため、底面積の狭いコンクリートダムよりも地盤
が悪い所でも造ることが出来るようです。


我が国で最も多く用いられているダムは、これとは違って、水圧をダム(コンクリート)の重さで支える
重力ダム」です。
尚、高さ日本一の黒部ダム(黒四)は、水圧を両岸の岩盤で支えるようにアーチ型に築いたもので、
谷幅の狭いV字形の地形に適し、 重力ダムに比べ、丈夫な岩盤が必要となりますが、ダムの厚さが
薄くすみ、材料を少なく出来る「
アーチ式コンクリートダム」です。




ページを改めますお進み下さい