2012年9月29日
C
伊勢参宮街道



子安観音寺
三重県鈴鹿市寺家3丁目2−12
聖武天皇の勅により、藤原不比等が建立したとされ、
天平勝宝3年(751年)道證上人開山の1250年以上
続く寺院で、寺伝によると、本尊の白衣観世音菩薩が
当寺の東側にある鼓ヶ浦の海中より、鼓に乗って現れ
たといわれ、安産、子孫長久を守り、子安観音として、
現在まで人々の信仰を集めています。


子安観音は安産祈願の他、「不断櫻」でも有名です。
1年中花が咲いている不思議な桜として、江戸時代から
有名で、伊勢参宮名所図会にも紹介されています。
真夏以外・花を見ることができるが、満開状態ではなく、
梢のあちこちに花が見られるものであり、葉の一部は
真冬でも枝に残っています。
花は白色、一重の五弁で、花の中央部が赤味を帯びて
いるらしいですが、本日は葉だけ・・・


白子・子安観音の不断桜と伊勢型紙
不断桜の虫喰い葉の 巧妙な自然の紋様に着眼して
伊勢型紙が創られたという由来が、伝えられています


村社・八幡神社
明治維新以降、律令制下の『延喜式』による制度に倣って、
新たに神社を等級化すべく作られた社格の制度が、第二次
世界大戦後に廃止されましたが、今日でもその名残が残る




ページを改めますお進み下さい