各ページの写真が反映されない場合(固まった時)は、【F5】キーを、プッシュしてみて下さい。 
2012年5月10日

祖谷のかずら橋と大歩危ウォーク





祖谷のかずら橋は長さ45m、幅2m、谷からの高さ14mで日本三奇橋の一つであり、重要有形民俗文化財です。
人ひとり渡っても揺れ、床面も「さな木」と呼ばれる丸太や割木を荒く編んだだけであり、すき間から川面が望め、
そういったこの橋の特徴をよく表す歌として「祖谷の粉ひき節」が知られています。
その昔、平家の落人が残された土地を開拓しても、粟やひえ等しかなく、それらを
粉にするために石臼を回すことが大変重労働であった。その労を慰めるために誰
の口からともなく歌い継がれたのがこの民謡。今では徳島県の代表民謡曲として
全国で歌われています。






      四国で見かけたバス2台・・・関係ないか〜