澤熊講師と行く・・・おもしろ歴史ハイク                      2012年1月5日
@
新春・旅の福袋
初詣ミステリーツァー

2012年、今年の恵方は北北西です。
向かうは予想通り、雪が舞う 舞鶴自動車道を北進します。


バス中で明かされた行く先は、『元伊勢』
天照大神が伊勢神宮の内宮に鎮座する以前に立ち寄った先を、元伊勢と呼びます。
バスが目的地へ着くまでの約3時間。その間に天照大神が伊勢に至るまでの場所
でも、お勉強しておきましようか〜
鎌倉時代の『倭姫命世記』天照大神の巡幸先
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
0 0倭 国0
丹波国
倭 国
木乃国
吉備国
倭 国
大和国
大和国
伊賀国
伊賀国
伊賀国
淡海国
淡海国
美濃国
尾張国
伊勢国
伊勢国
伊勢国
伊勢国
伊勢国
伊勢国
伊勢国
伊勢国
伊勢国
伊勢国
0 笠縫邑(かさぬいのむら)
吉佐宮(籠神社・眞名井神社?)
伊豆加志本宮
奈久佐濱宮
名方濱宮
彌和乃御室嶺上官
字多秋志野宮
佐々波多宮
隠市守宮
穴穂宮
敢都美恵宮
甲可日雲宮
坂田宮
伊久良河宮
中嶋宮
桑名野代宮
奈具波志忍山宮
阿佐加藤方片樋宮
飯野高宮
佐々牟江宮
伊蘇宮
大河之瀧原宮
矢田宮
家田田上宮
五十鈴宮(現今の大神宮)


雪で道路が停滞気味です・・・もう少しご辛抱ください。


元伊勢伝承は、何しろ日本国の創世記のお話です。
皇太神宮儀式帳」の倭姫命やまとひめのみこと
の話になると、巡幸先もチョッと変わってきます。
倭姫命は、第11代垂仁天皇の第4皇女。母は皇后日葉酢媛命。
伊勢の地に天照大神を祀った皇女とされ、これが斎宮の直接の
起源であるとも伝えられています。
約2,000年前、倭姫命は天照大御神の鎮座する地を求めて旅をしました。
都のあった大和を出発して伊賀、近江、美濃を経て伊勢の国へ・・・

皇太神宮儀式帳に丹後の国が無いのは疑問が残りますが
大和朝廷の支配基盤を固める上で 丹後国も必要だったと
考えれば何となく理解出来なくもない・・・
「伊勢国風土記」を読むと、変遷の実体は各地を平定
した順路ではないかと想像できます。

そろそろ目的地に着く頃です。話を今回のツァーに戻します。


要するに丹後国の元伊勢は、橋立の籠神社とタンゴ鉄道の大江山口内宮駅の神社です。

どうやら、タンゴ鉄道の福知山〜宮津のルートは積雪のため通行禁止らしい
本日のツァーは天橋立のみで辛抱か〜




ページを改めますお進み下さい