伊勢参宮本街道 〔第B回〕
尼ヶ辻〜天理




奈良・猿沢の池
奈良県奈良市の奈良公園にある周囲360メートルの池で、興福寺五重塔が周囲の柳と
一緒に水面に映る風景は、奈良八景のひとつとなっています。



ならまち
ならまちは、奈良県奈良市の現市街地南に広がる伝統建築群地域の通称で、狭い街路に、
江戸時代以降の町屋が数多く建ち並び、ほぼ全域が元興寺の旧境内にあたります。


元興寺は、南都七大寺の1つに数えられる寺院で、蘇我馬子が飛鳥に建立した日本最古の本格的
仏教寺院である法興寺がその前身です。
平城京遷都に伴って飛鳥から新都へ移転されました。曽我氏を滅ぼした藤原氏の氏寺・興福寺が、
曽我氏の氏寺・元興寺を見下ろす位置に在るのは、時代の大物・藤原不比等の作為でしょうか〜

元興寺塔跡



帯解寺


子授け・長寿招福の神
楢神社


上街道〔上ッ道〕
上ッ道は、古代日本における官道のひとつで、近世においては上街道と呼ばれていました。
飛鳥時代に奈良盆地を南北に縦断するために整備された道で、現在の奈良市と桜井市を
天理市経由で結び、現在の幹線道路では国道169号線に相当します。
奈良から三輪明神・長谷寺・室生寺への参拝道として賑わったほか、京都・大阪から伊勢を
結ぶ伊勢参宮街道のひとつとして機能していました。



天理教の聖地のひとつ
櫟木分署跡


  天理教では、人間の命の発祥地の中心を「ぢば」(地場)と称し、教祖の「ぢばさだめ」という啓示で
その場所を定めています。人々がこの地を訪れることは、故郷に帰ることであるから、「おぢばがえり」
と呼んで、そのため天理駅や天理市内の信者詰所等には「お帰りなさい」や「ようこそおかえり」など
という看板が見られます。


-終-




4回目は天理〜長谷寺