2006年3月25日     
   
大阪の坂めぐり

 大阪城公園→法円坂→ほくちゃ坂→かぎや坂→あいどり坂→
0
 どんどろ坂→心眼寺坂→三韓坂→地蔵坂→真言坂→源聖寺坂
 口縄坂→愛染坂→清水坂→天神坂→逢坂→四天王寺    
0


集合場所の大阪城公園・森之宮口。参加者は いつもより多いみたい…
桜には数日早いと思われましたが、受付裏の数本だけが まさに満開で 我々を 迎えてくれました。
ぼくちゃ坂・かぎや坂・あいどり坂・どんどろ坂・心願寺坂・三韓坂
生まれた時から大阪暮らしの私ですが 此の坂の名前は知らなんだ〜、よくぞ調べて下さった
また坂名を掲げて示して下さったスタッフの皆様 ありがとう、ご苦労様でした。
最近、街中 とくに公園に野良猫が殖えたと思いませんか。持て余して 捨てるのでしようか?
そんな猫君達の瞳には我々のウォークはどのように映っているのでしょう。
試しに、猫の視線・地上10〜15センチにカメラのレンズを置いてみました。
昼食の高津の宮、食後のお歌の時間の課題曲は大阪の市歌・『王将』と『月の法善寺横町』でした。
此処からは勝手知ったる私の散歩道           
知ったかぶり大阪の昔は『大坂』でした。

蓮如が現在の大阪城域に大坂御坊(いわゆる石山本願寺)を建立し、その勢力を周辺に伸ばすに及び、
それまでのこの地の呼称であった難波浪華・浪花とも)から大坂という呼称が定着しました。      0
蓮如以後、大坂は「おおざか」と読んだ。本来「大坂」という地名をもっていたのは、現在の大阪市域の内の、
大和川淀川(現在の大川)に間に南北に横たわる上町台地の北端に辺り、摂津国東成郡に属した。 0
台地が、淀川の形成した低地に落ち込む場所であったことから、「坂」の地名がついたのだと考えられます。

なお、大坂の
「坂」の字を分解すると「土に返る」と読めてしまい
縁起が悪いということから、
江戸時代のころから
「大阪」とも書くようになり、
明治時代に
大阪の字が定着しました。
本日の収穫 大阪市内の何処にでもある『大阪城』のマンホールですが、区名入りはナカナカ見つからない。
中央区・北区・西区につづいて今日の『天王寺区』で四ッ目です。